REAP // SOW

莉翫%縺薙°繧牙、峨∴縺ヲ繧?¢

【スタメン】STARMEN THE WORLDの感想(1・2部)

(2019/12/4:追記・改訂しました)

2019/12/1 at AKIBAカルチャーズ劇場
スタメンKiDS 2ndワンマンライブ~STARMEN THE WORLD~

物語の流れはこちらの記事を参考に。 

 

 

全体感想

何から書き始めていいのかわからないくらい言葉が渋滞してるんですけど、まず物語上で一番印象に残ってるのが「終わり」を感じさせるセリフや設定のとこ。狙ってやってるにしてもやたらと多いなって。

ただそれも物語の中だけだったら笑い飛ばせるネタ話で済むんですが、本編終わったアンコール後の挨拶でも大晟くんが「スタメンKiDSは99%の確率で続きますよ」と、100%とは言わずに現実的な数字を突きつけてきたのがなんか意味深だった。

それを踏まえて"ぎゅんぎゅん万有引力"を聴くと不思議と泣ける曲に感じる。

 

物語はそれくらいで、今回ダンス面がすごい良かった。

この短期間でさらに磨かれてるのがよくわかり、リリイベ以上のものだった。

さすがに1部は表情に緊張の色が出てたけど2部ではいつもの表情に戻り、ちょっと余裕も出てきたのか、例の視線レスがすごかったです。やっぱり思い過ごしとか勘違いじゃなかった件。その某メンバーはド上手・ド下手付近までまんべんなく見ており、すごいファン想いなんだろうなと。あと普段まったく目線が合わなかった某メンバーも「俺を見てほしい!」と言わんばかりのアピールがあって、ワンマンになるとこんなにも魅せ方が違うのかと、ただただ驚くばかり。

 

魅せ方と言えば、K-POPBTS)のダンスカバーもヤんバい。

みんなそれっぽい衣装に身を包み、すべて本人が選んだそうで。特に様になってたのが琉偉くん。被ってるキャップがすっ飛ぶほどキレッキレで、2部では踊る前に予めキャップを袖に投げ捨てるほど本気で打ち込む姿がカッコよかった。彼が「やりたい!」ってリクエストしたのかと思ったほど。活き活きしてた。
[MV] BTS(방탄소년단) _ FIRE (불타오르네)

振付は動画内でやってるそのまんまっぽかった。

 

普段なかなかやれないようなカッコいいステージを観れたこと。そして歌が苦手(?)なメンバー3人(大志・桧吏・琉偉)による【SEKAI NO OWARI】カバーで"RPG"も聴けたこと。『パイレーツEP』に収録されてる"スタメンパイレーツ"は手に汗握るほどハラハラドキドキの声帯破壊ソングだということ(大晟くんは変声期特有の裏返り声になってて大変そうだった)。他にも記憶に残ったシーンは盛りだくさん。

 

今出せるスキルのすべてを注ぎ込んだワンマンライブになっていて、この日は両部あわせて持ち曲すべて観ることができたんで何も言うことはないです。

年内のスタメン現場はこれで最後なので次会えるのは2020年の某日かな。4月になればメンバー全員が正真正銘の「中学生なう」になるから、主現場のゲンジブととも追っかけて、あわよくばツーマンしてくれたら…そんな妄想が止まりません!

 

 

メモ書き

  • 友吾は米津玄師で"馬と鹿"をカバー(おそらく)<2部>
  • りきまるはOfficial髭男dismの"Pretender"をカバー<2部>
  • ライダー自由の大志マン動画は本人的に消したい黒歴史(大志談)
  • ハワイアンズの寝起きドッキリは「あんな感じで編集されるとは思ってなかった」(桧吏談)
  • 友吾が必死に探してたものは「8人目のメンバー」だったもよう
  • 大晟「それならここにいるじゃないか!」(観客を指差す)
  • モーパラで客煽りやってくれたの沸いた
  • 表題曲"中学生なう"MVで琉偉が桧吏のマイクに声出してビックリさせてるシーンは「そういうこともあるって(琉偉)」と言ってる
  • りきまるが台車に乗りながらカメラ回してるシーンはカメラマンさんと息が合わずに何回も撮り直しした
  • 在の大振りダンスすこ
  • 持ち曲すべてと歌やダンスのカバーにお芝居もこなすワンマンって演者の負担すごいのにそう感じさせないのすごい
  • 映像面のセンスが素晴らしい
  • 1部ではアス比おかしかった四文字熟語の映像が2部では直ってた
  • スタメン達をナメてるのか、もしくはやる気ないのか、全体的に箱運営側がやらかすミスが何回もあって残念だった(映像や曲出しが早かったり遅かったり)
  • その件でスタメンのプロ意識の高さがよくわかった
  • 『てらこやEP』のMVが("てらこや"以外)新たにパジャマ姿で新撮影されてて、過去から今現在の成長具合が楽しめるような仕様

 

 

特典会

二推し最強説を実感。ツーショ後の笑顔がステキすぎました。