REAP // SOW

莉翫%縺薙°繧牙、峨∴縺ヲ繧?¢

【EBiDAN】男・組長祭2019

(※2019/9/16:追記・改訂しました)

2019年9月8日(日) さくらホール
男・組長祭2019
開場 14:30 / 開演 15:00

 

 

最初行こうかどうしようか迷ってて。でバトスト(ゲンジブ)がデビュー発表したし行くか!ってなって。チケ発して数日後にはソールドアウトしてた。そんな公演。

今回座席が2階の奥まった場所だったので野鳥の会(理由は後述)してました。

 

 

 

まえがき

開演前の案内放送係として、ゲンジブの要人と杢代が担当。

要人はまず「先日釣りに行きました」(結局釣れなかったそう)という小話をしたのち、キチキチっと注意事項を読み上げつつアドリブを加えてた。杢代は「スパドラ野音行った人いる?」って質問から始まり、なんかずっと声色からしてニヤけながら話してるのわかってこっちもニヤニヤ。

 

 

 

えびポン

【セットリスト】
1. けもパン世界タイトルマッチ
2. Tomorrow

プレお披露目のチャレステ()から二度目まして。開幕「えびポン!えびポン!えびポン!ポン!」の手拍子で登場するのと、自己紹介の内容は変わらず。

悠真だけタケコプターのような物が付いてるキャップを被ってアホ丸キャラ頑張ってたの泣ける。あと航太朗が言う「ぼく、こーたろー!」っていう元ネタってもしや、ドラえもんなの!?服の色合いとか似てるっちゃ似てるけどいまだに断言しづらい(笑)

フレッシュすぎるユニットだから今は無理矢理にでもキャラ付けして憶えてもらおうって感じなんだろうけど、ちびっ子プロ集団の【スタメンKiDS】みたいに垢抜けてからが楽しみではある。

 

(※蒼大 / 特典会と物販について) 

 

 

BATTLE BOYS TOKYO

【出演:小林拓司 / 齊藤琉生 / 佐藤永翔 / 清水大登 / 富本惣昭 / 宮本龍之介 / 山下夕越 / 吉野俊矢】

セトリは"Enjoyサマーデイズ"とあともう一曲(ド忘れ)。

坊主頭になってからただでさえ目立ちまくる大登。しかもリアクション豊富だからさらに目立つ。そして某人がオススメしていた、スパドラの洸希に似てると巷で噂の齋藤琉生を初認識。バトボにあるプロフ画像()で見ると確かに似てるんだけど、生で見ると意外とそうでもなかったかも。どちらかと言えばSENDAIかNAGOYAにいそうなタイプだなと。ダンスはなんか疾走感があって勢いある系統だから見た目のかわいらしさとは真逆のバッキバキに踊れるカッコいい楽曲が似合いそう。青田買い候補なのも納得でした。

 

ameblo.jp

www.instagram.com

(※初めてのサインの裏話 / 小林拓司富本惣昭 / 佐藤栄翔 / 清水大登 / 宮本龍之介 / )

クール名乗ってた時代の面影のようなものは感じる。

 

 

BATTLE BOYS OSAKA

【出演:大西翼 / 小原滉平 / 紀田直哉 / 徳井太一 / 樋口琥大 / 弓木大和】

www.youtube.com

【セットリスト】
1. Gera・Gera
2. Are you?

某人オススメ人物であるコンビニ店員なばっさーこと大西翼をようやく認識できた。お祭り男子ということで「わっしょーい!」のかけ声がなんとも今日のイベントに相応しい。スポーツマンだけあってダンスは一瞬も気がゆるまずこなしており、アクロバットも楽々。どこか"力あり余ってます感"が伝わる。いわゆる、体力おばけっぽい。

たぃたぃはなんかカッコよさが増してた。自己紹介で「好きなかき氷はシロップなしです♡」(それただの氷w)というボケなのか本気なのかわからない話はワロタ。

やっぱOSAKAメンバーは客席沸かせて乗せるのが上手い。地味に求めてた「2階ー!!」っていうお決まりの煽りを大和あたりがしてくれたんで言うことないです。

 

(※大西翼 / 紀田直哉樋口琥大 / 小原滉平 / 弓木大和 / 徳井太一

 

 

DAN(from DAN⇄JYO)

www.youtube.com

【セットリスト】
1. Boys&Girls(DAN ver.)
2. Sing Along(新曲)

番組公開収録でのバトルで優勝したチームがここ。DANの卍裏ボス卍である龍馬が大勢の前でただのヤベぇ人だということが晒されたのはめっちゃ笑った。それでいて本人はずっとニッコニコな表情ってのがこれまたツボる(笑)彼が一挙一動するたびに他の4人が「(え、何してるの!?)」とか「(それは違うから!)」と言いたげな反応してて、結都曰く「いつもこうなんですよ!!」と。しまいにはだんだん手に負えなくなり、結都がゲンジブの空人に助けを求める場面も。まぁ結局救えないままだったんですが番組的には良い盛り上がりどころだったんじゃないかと。

 

今夜はDANだけのステージだったのでフォーメーションは小ざっぱりしないよう工夫をこらし、5人だからこそできる特別なステージングになってた。イーチパートは音源による被せで、新曲の"Sing Along"はそのままの意味で一緒に歌って乗れるような重厚感のある縦ノリな曲だった。系統で言えば"kibo⇄zetsubo"みたいな雰囲気。

それにしてもバトボ時代の龍馬って自分のアンテナに引っ掛かるような人物じゃなかったのに、ダンジョに入ってから化けたよね。パフォーマンス面も別人みたいだし。どんどん気になる人物が増えてって楽しみが尽きそうにない。嬉しい悲鳴。

 

 (※事前告知 / 特典会前 / 亮太龍馬 / 陽向 / 結都 / アロハ

 

 

原因は自分にある。

www.youtube.com

再生回数が現時点で22万超え、チャンネル登録者数も1.1万人超えと勢いが凄まじい。

【セットリスト】
SE. The Ceremony
1. 原因は自分にある。
2. ギミギミラブ
3. Macanas.

本日のトリでありお目当てでもありました。前より歓声がすごい!!

珍しく今日はなぜ野鳥の会をしてるのかと言うと、あるシーンで凌大が振り向くと「笑顔→真顔」に表情が変わり、それってたまたまなのか?それともいつもやってるのか?というのを曲考察()してる際にふと気になり、それを確かめるためだけに双眼鏡を準備したという。その結果、今日もやってたようなのでこれは振付として組み込まれてるという答えに行き着きました。となるとますます考察が捗るなって。

そういや確認中に恥ずかしながらとあるメンバーと目線が合ってしまったんだけど(スナイパー失格w)、彼もまたOSAKAの直哉同様にしっかり隅のほうまで客席を見てることがわかった。自分は普段言わないだけでこういう些細な目配せもライブ中、パフォーマンスの一貫としてよく気にして見てるほうなんで、今後のアピールっぷりが楽しみ。他にも凌大の2階席煽りからのお手振りもちゃんと届いてたよ。

 

最後に。今日で聴くのは2回目となる"ギミギミラブ"はやっと展開が理解できた。サビはドレミファミレド(?)のシンプルすぎる音階が使われてるから耳に残りやすく、後半から潤がソロで魅せるシリアスめな場面もあってまさに"カッコかわいい曲"と言っても過言じゃなかった。この感じならまだ未発表の"Up and Down"と"ラベンダー"もつい語りたくなってしまうような要素が入ってる予感しかしない。

 

(※別集合ショット / 凌大 / 要人 /  / 杢代 /  空人 / 光咲 / 要人袖で見学するえびポン / 長野兄弟

 

 

あとがき

何やら男版の組長祭は今年初めてやったらしく、もし次回開催する場合もスタダ芸能3部に所属してる関連人物を集めた限定的なイベントにはなりそうかな。エビライとはまた別のEBiDAN系イベントが増えると楽しみも増えるんで陰ながら支持したい。

 

 

 

(※動画1 / 動画2

 

lineblog.me

 

 

 

 

 

f:id:horonnk:20190908193402j:plain

(引用:https://kumichoumatsuri.amebaownd.com/pages/2983030/page_201906131654