REAP // SOW

莉翫%縺薙°繧牙、峨∴縺ヲ繧?¢

【エビライ】CHALLENGE STAGE ~壁の向こうへ~[1日目&2日目](2days)

2019年8月28日(水)&29日(木) 幕張メッセ10ホール 特設ステージ
CHALLENGE STAGE ~壁の向こうへ~
1日目:開場 13:30 / 開演 14:00
2日目:開場 12:00 / 開演 12:30

 

 

エビライ本編前の恒例となってるやつ。これまで一度も参加することなく、オープニングアクトに決まったユニットを毎回迎え入れるだけだったんですが、今回は本編チケットを持っていれば誰でも観れるということで1日目は立ち見にて。2日目はお目当て多数ということもあり指定席で観てきました。

 

 

 

1日目

BATTLE BOYS SENDAI

<出演:相原一心 / 大槌星凪 / 笹原遼雅 / 千田波空斗 / 芳賀柊斗>

披露した曲は"KIZUNA"()。エースだった二人(琉弥、光咲)が抜けたあとの新体制ライブっていう背景を知ってるとつい情が入ってしまうけど、それを抜きにして観てもこれはこれで良かったと思う。今まで目立ってなかった一心の歌ウマ具合も知れたし。ダンスは遼雅が引っ張っていってる感じがして、星凪が見た目のかわいさとは裏腹にカッコいい系のダンスだったのが新発見。

 

BATTLE BOYS TOKYO

<出演:秋葉梨駈 / 犬塚心 / 川口大輝 / 小林拓司 / 齊藤琉生 / 佐藤永翔 / 清水大登 / 太哉 / 富本惣昭 / 宮本龍之介 / 山下夕越 / 吉野俊矢>

披露した曲は"Enjoyサマーデイズ"()。ここもエース級な人がごっそり抜けたため、まだ顔と名前が一致してない初めて見る人がそこそこ。まだステージ慣れしてないメンバーもいたことでバラバラダンスになるのは今はしょうがないとして、次世代エースになりそうな人は次は誰なんだろう?他の地方組と較べて大所帯であることを活かしたステージに今後期待したいところ。

ameblo.jp

 

BATTLE BOYS NAGOYA

<出演:久昌歩夢 / 小島嵐 / 中村旺太郎 / 山口優 / 吉田るきと / 嵐樹>

披露した曲は"いりゃあせ名古屋()"。実はここも何気に新体制っていう。そのわりには不思議とまとまってた気がする。それにしてもついに小島嵐(ずっとニコニコしてたの好印象)や吉田るきとも選抜入りしたんだなと。ニューフェイスは嵐樹と仲良いらしい山口優。歩夢もすっかり頼もしい存在になってました。メインボーカルの旺太郎による低音ボイスと、同じくメインボーカルの嵐樹による高音ボイスのミックスが絶妙でこの二人にはもっとガンガン歌ってもらいたい。

 

BATTLE BOYS OSAKA

<出演:一颯 / 今井楓 / 大西翼 / 小原滉平 / 紀田直哉 / 徳井太一 / 遥聖 / 樋口琥大 / 福井太陽 / 弓木大和 / (※岡本侑樹は都合により欠席)>

披露した曲は"Gera・Gera"。TOKYOみたく人数は多くてもさすがステージ経験値が違うなって思う身のこなしで、個々人についても動きに特徴があってわかりやすいから初見でも顔が覚えやすかった。結果的にここが勝者になったわけだけど、オープニングで全員登場した時点からすでに青ペンラの数や歓声の大きさ的にほぼほぼ勝負ついてた。

 

BATTLE BOYS FUKUOKA

<出演:梅﨑蓮 / 柏木悠 / 叶偉 / 坂田晏都 / 咲太朗 / 吉岡遼>

www.youtube.com

披露した曲は"1000km"。ここは生歌がものすごく良かった。サビの高音域のとこが特に。ウィスパーボイスっぽいのに大音量の渦の中に埋もれることなく響いてた。主に咲太朗がメインボーカルを務めてるのは知ってるんだけどあともう一人、名前はわからない子がダンスしてても音外さずに声出てたのは思わず鳥肌立った。ぜひとも機会があるのならまたライブを観てみたいです。

 

BATTLE BOYS OKINAWA

<出演:アレックス / 瑛斗 / 洸瑛 / ジョシュア / ジョナサン>

披露した曲は"チュラパラ"()。個人に注目すればわりと粒揃いではあった。ユニット全体だとまだ成長途中なのかな。出身地が出身地なだけにこうしてフルメンバーでのステージを観れたのはレアだったかもしれない。

 

EBiDAN KiDS

<出演:有村悠真 / 飯坂和矢 / 石動雄大 / 市川陽夏 / 稲毛眞生 / 岩上瑞輝 / 江川之雲 / 大木悠冬 / 大塚陽斗 / 春日レイ / 窪田吏玖 / 越山敬達 / 高桑真之 / 波音 / 長野蒼大 / 浜中しいた / 宮本琉成>

披露した曲は"にゃんこドドンコどどんこニャンコ"。番組企画として誕生したものを今日初お披露目とのこと。良かったユニットに一人一個だけ愛のこもったビー玉を投票箱に入れる時間が設けられ、その間に「投票促進役」として登場。楽曲からしてすでに中毒性抜群なのに、振付もなかなかに強烈だったから、しばらくあのリズムと動きが離れられませんでした。

(※その2 / その3

 

 

2日目

AMEZARI-RED STARS-

<出演:三屋響 / 安藤夢叶 / 志音 / 石田ローウェン / 橋本歩夢 / 佐々木頼忠 / ジェイ>

披露した曲は"100億のコトバをキミに"。グループの存在自体は知ってましたが、生ライブを観るのは今日が初めて。MV公開されてる有名なものではなく、ちゃんと意味のある楽曲を持ってきたのはステキ。起伏のある展開から繰り出される魅せるダンスやアクロバット(ローウェンがやってた)、メンバーからの煽り、一緒に盛り上がれる振付などなど、一曲の中にいくつもの要素を詰め込んでたおかげで自然体で楽しめました。ここが勝者として選ばれたのも腑に落ちるとこはある。

 

スタメンKiDS

<出演:清水在 / 城桧吏 / 佐藤大志 / 須藤琉偉 / 長﨑大晟 / りきまる / 財部友吾>

www.youtube.com

披露した曲は"中学生なう"。公式チャンネル動画でちょいちょい活動は把握してたものの、琉偉と大晟がいつの間にかあんなに身長高くなってるとは思わなかった。上の動画をご覧のとおり、ほとんどのメンバーの声が低くなりつつあってかわいいというよりカッコいい寄りになってきてる。ぴょこぴょこダンスだったのも今や昔の話で、きちきちっと振付をものにしたダンスになり見応えあるステージでした。

 

EDAMAME BEANS

<出演:望大 / 敬 / 龍 / 喜穏 / 晴音 / 英人 / 直哉>

www.youtube.com

披露した曲は"Alright"。冒頭のあの十数秒をダンス導入時間として使っても良かった気がする。しかし曲が始まるとグダってた空気が一気に変わり、以前エビライ2017で観た時と同じような"ハッとさせられる瞬間"が今回もありました。後半部分で望大がセンターで踊りながら最後決めポーズをしたあと、照明がメンバーのシルエットだけ映し出されるように締めたのはカッコよすぎる。

(※ / 晴音 / 直哉

 

DAN⇄JYO

<出演:髙松アロハ / 岡田結都 / 大橋龍馬 / 桐山陽向 / 石田亮太 / 飯塚瑠乃 / 桜木心菜 / イーチ / 佐藤ひなた / 矢嶋由菜>

www.youtube.com

披露した曲は"独DANJYO"。アグロバットを曲中に取り入れてるとこに対抗するかのように要所要所で難易度の高そうな技を見事成功させ、どこよりも本気で勝ちに行ってたのが伺えるステージングだった。それがダンスや歌にも現れてたんだけど投票結果は望んでたようにはいかず。

最後の挨拶で亮太は投票してくれた人へ深々とお辞儀して感謝の言葉を紡ぎ出すも声がたびたび詰まり、陽向も同じように感極まって悔しそうだった。それでもこういう経験があるからこそさらに良いパフォーマンスができると思うんで、これからのダンジョに期待が膨らむばかり。

 

えぴポン

<出演:長野蒼大 / 吉浦慶一 / 夏目航太朗 / 嶋原快斗 / 嶋原叶人 / 犬飼太陽 / 武藤悠真 / 江口シオン>

披露した曲は"けもパン世界タイトルマッチ"。結成1ヶ月ちょいのユニットでこれが初お披露目ステージだったそう。なのでオリ曲はまだなし。航太朗の超絶真顔ダンスをこの動画()で見つけて以来ハマってしまい、今日は個人推しで観てましたがまだちょっとダンスの振付をこなすのに精一杯って感じ。それでも一所懸命がんばって表情つくろうとしてて、スタダゲート(番組)で見せてたような素の顔ができる日が地味に楽しみ。

 (※スタメンKiDSと / 大先輩方と

 

 

あとがき

バトボもそうだけどOSAKA勢がマジで強かった。開催地的にもアメザリは完全アウェイなのにも関わらず、地元のファンっぽい人たちが多数駆けつけてあの投票結果だもんね。(おそらく接戦になった時のために用意されたのであろう)フリースローゲームによる追加ポイント制度なんてもはや意味をなさないほどに圧倒的すぎて、もし来年エビライ2020を行うとするならオープニングアクト確定か、それをすっ飛ばしてメインアクトに近いステージへの昇格があってもおかしくない。じゃないとまた次も誰が勝ってしまうのかわかりきってるようなもんだし。そのへんどう調整していくのかは運営次第ってとこかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:horonnk:20190830235138j:plain