REAP // SOW

莉翫%縺薙°繧牙、峨∴縺ヲ繧?¢

【ゲンジブ】『原因は自分にある。』発売記念リリースイベント(ららぽーと豊洲編)

(※2019/8/27:追記・改訂しました)

2019年8月18日(日) ららぽーと豊洲
デビュー1stシングル『原因は自分にある。』発売記念リリースイベント
開演 13:00

 

■公式サイト:http://genjibu.jp/
■公式Twitter: https://twitter.com/genjibu_sdr
■公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCz3x9qQNFcbc37R3ND0B8kw

 

バトストから電撃改名後、初となるリリイベに行ってきました!

しっかし今日も今日で暑かった。ここの会場ってステージに日陰をつくる天井がないから、メンバーがぶっ倒れないかだけ心配でしたが無事何事もなく終了。

 

 

 

フリーライブ感想

SE"The Ceremony"に乗せてメンバーが登場すると、その格好にビックリ。だってこの暑さの中、あのアー写()のまんまなんだもの。靴だってちゃんと革靴履いてました。些細なことだとしてもこうしてヴィジュアルイメージを崩さないでくれるのは感服してしまう。

とは言え、さすがにステージ上がったらジャケットはすぐ脱いでたけどね。服の生地感的に秋冬を想定した物(?)っぽいからシャツだけでもキツそうではあるが…。

 

原因は自分にある。

メンバーが定位置につくと、凌大がやや低めのトーンで「原因は自分にある。」というタイトルコールをし、表題曲を初披露。

www.youtube.com

全体がバンドサウンドと軽快なピアノの音で構成されており、雰囲気的にはどのEBiDAN内ユニットとも被ってないありそうでなかったオサレ感。歌詞も【でんぱ組.inc】みたいに言葉を詰め込んだ歌()になってるから、初聴きだとまだ部分的にしか聴き取れず。なんとか聴き取れた部分をあげると「原因は自分にあるんだって」とか「エゴサ」という言葉が出てきて、切り込んだ曲になってそうだった。

 

歌割りもメインで歌うメンバーはいても固定することなく、バトスト時代のように全員がマイクを持ち、時に前に出て踊る魅せ場がどこかしらあるのは変わらないようで、この曲でも光咲や雅哉(記憶が正しければ)あたりが注目されるであろう箇所がありました。

 

あとそれからサビの部分の振付がこの曲はすんごく愉しい!!

あの動きを観た時すぐ頭に浮かんだのが、なんちゃらラスベガス(Fear, and Loathing in Las Vegas)の"Party Boys"だなって(笑)

www.youtube.com

これの56秒からの振付を腕内側に交差しながらやったらゲンジブ版の完成。

 

Like a Vampire

www.youtube.com

この曲のイントロが鳴ったその瞬間、さっきまで痛かった日差しが急に雲に隠れ、若干暗くもなり、天候演出がとんでもない奇跡起きてんなと。

以前観た時よりも要人のバレエパートがさらに気合い入ってたのと、ペアで抱き合うシーンはダンサーってより、どちらかと言えば役者っぽい表情してるなと思った。これもまた他のユニットにはない魅力の一つ。

 

MCタイム

自己紹介は名前のみ。公式で設定されてるメンバーカラーについては特に触れず。

そして本日は武藤潤()が18歳の誕生日を迎えたということで、メンバーと一緒にハッピーバースデーソングをプレゼント。

 

ギミギミラブ

こちらも初披露の新曲。俗に言う「エレクトロダンスミュージック」寄りな曲調のためか、盛り上げるためのクラップの他、珍しくジャンプできるところがありました。

タイトルからも想像できるように、すごくかわいい振付が盛りだくさん。雅哉のほっぺが空人によってムギュギュっとされたり(アドリブ?)、ワチャついてみたり、両指使って口をピヨらせたりなどなど。フロア沸きまくってた。

近い系統で言えばバトスト時代にあった"Show Time!!"のようなテンションで、でもちょこっとカッコいい要素(転調)もあるから、ただ単調にブチアガれるだけの曲じゃないとこがゲンジブらしさになってるのかな。

 

Burn Burn Bomb

曲ごとに表現したいモノがあるようで、さっきまでとはうって変わって真剣な顔つき。笑顔もはにかむ程度に。この日も煽られずともしっかり振り真似してみました。

ちなみにソロダンスは空人→要人でした。

 

 

グループショット撮影会

チェキやフィルム撮影は良くても、デジタル撮影系の特典会がなんか苦手で今までスルーしてたのを【祭nine.】のリリイベ()をきっかけに"挑戦してみよう!"って気になって、まさかの人生初となるグルショってやつに参加してきました。こんな日が来るとは…!

それにしてもすごいよね。素の状態でもすでに補正加工したようなヴィジュアルという。この画像、場所が暗かったから明度とコントラストくらいしか細工してないのに。

f:id:horonnk:20190818201721j:plain

まず自分のポーズ逆だし、IDも816じゃなくて186になってるのは全部暑さのせい。

 

炎天下の中、待機時間がそこそこ長く、魂抜けかけました。本当は前後の挨拶をメンバー全員の目を見てしたかったけど、もうそれどころじゃなかった。暑くて(笑)

なので今回、出口側の右隣にいた凌大の感じの良さしか印象に残ってない/(^o^)\

メンバーはもっと大変だろうにプロ意識あって見倣わなきゃなぁ。

 

 

あとがき

メンバーそれぞれフロアをきちんと見てるのが目線からもわかり、こころなしかパフォーマンスも以前にも増して伝わりやすくなったような感じ。緊張しないためにファンがいない遠くのほうを見つめがちな人もいるけど、やっぱり「俺を見ろ!」と言わんばかりにアピールしてくる人はジャンル問わず好きだし魅入ってしまう。

 

今回、ユニット名が変わっても変な方向に変わってはいない。ということを知れただけでも行ったかいがありました。次回以降もぜひまた観に行きたいです。

 

 

 

 

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

f:id:horonnk:20190818201532j:plain