REAP // SOW

莉翫%縺薙°繧牙、峨∴縺ヲ繧?¢

【スパドラ】7th ONEMAN LIVE TOUR『Emotions』で感情共有してきた(2部)

2019年4月3日(水) Zepp Tokyo
SUPER★DRAGON 7th ONEMAN LIVE TOUR『Emotions』(2部)
開場 16:30 / 開演 17:30

 

www.youtube.com

natalie.mu

 

紆余曲折を経て、5thワンマン()振りに単独公演に行ってきました!

各インタビュー記事でも話してたように今回は「楽曲のパフォーマンスに全力振り切る」ということでワンマンの恒例だった特技披露やストーリーに沿った演劇は封印し、テンポ重視でとにかく歌とダンスで攻めまくる内容でした。

そのためステージセットや演出が今までないくらい凝っており、曲ごとに変わる変わる映像パターンや小道具使い、天井ギリギリの高さまで組まれた高低差のあるステージから地上へダイブすることもあれば、新たに導入されたディラッドスクリーン(実物がまるでそこにいるかのように映し出すアレ)で切ないイリュージョンショーをしたりと、所々ライトスティックを振るのも忘れるほど魅入ってた。

EDMなSEを響かせてからのレーザービームでメンバーのシルエットを型取ってから実際にそのメンバーが同じポーズをして現れるオープニング()カッコよすぎ。

 

そんなハイテクでインパクトのある演出の興奮が冷めないよう、曲と曲を繋ぐ部分にはこのツアーのためにつくったと思われる特別なリミックスが施され、自分含む楽曲厨は悶絶もんだったんじゃないかと。

中でも印象深かったのが"Mada' Mada'"をやる前の音源にはないラップ(映像歌詞つき)でフロアの温度を上げながら煽り倒してきたとこ。

実はこの曲ライブの終盤あたりになってから披露されたんだけど、あのタイミングでさらに貪欲にアゲようとするなんて否が応でもハイテンションになってしまう✧\\ ٩( ᐛ )و //✧

しかもなんか煽りも昔に比べ手加減しなくなってきて(笑)、それほど自分たちが今から魅せるパフォーマンスに自信があるんだろうなぁってしみじみ。

 

いやはや成長とは恐ろしいもので、一曲一曲の魅せ方がまるで別人のよう。

2ndワンマン()でも披露してたあのライトパフォーマンスは完成度を上げて"LRL -Left Right Left-"と"Mr.GAME"の怪しげな雰囲気をより増幅させることに成功していたと思うし、"PAYAPAYA"はユニークさを薄めアダルティなジャケットアクションで会場を沸かし、推し曲の"Bring Back"はもうヤバすぎてヤバい(語彙力不足)

これって恋人との別れを憂いだ曲だと思ってたけど今夜の映像演出を観てふと思ったのが、9人で活動してたメンバーがなんらかの理由や事情で次々欠けて最後の一人になってしまっても変わらない想いのままステージに立つよってことなのかなと。

実物がステージ上から次第にいなくなり、映像でのみ残りのメンバーが現れ、曲終わりには洸希以外のメンバーがすっと消えゆく瞬間、こういう日がいつか来てしまう前に悔いが残らないよう観れるうちに観ておこうと強く思った。

懐かしい"HACK MY CHOICE"もまさか聴けるとは思っておらず、私的サプライズだった。

 

あとそうだ、全編ラップだけの"Set It Off"はメインの3人がめっちゃ態度悪い(笑)

もちろん悪い意味じゃなくて曲の演出的にこれほどないってくらい最高のパフォーマンスなんだけど、他のメンバーもただのバックダンサーのような扱いじゃなくメインで前に出てたのは良かった。

 

パフォーマンスになると顔つきや佇まいがガラリと変わる彼らだけどMCになれば急にほんわかした雰囲気になり和むのは相変わらずで、サンダーステージでは早着替えの時に目に入る壮吾のかわいいキャラパンについて和哉を筆頭に暴露話してましたが、この話が映像盤にもしかしたら半永久的に収録されるかと思うとよく壮吾自身もOK出したなって(笑)

 

 

とまぁ2ndアルバム()も意欲作だったように、この日のライブも挑戦意欲にまみれててまさに、新生スパドラ!って言うに相応しい公演だった。

玲於も(噛まずにw)言ってたけど「過去一」のワンマンでもあった。

 

一時期はスパドラに対して漠然としたモヤモヤが残り続け、そっちの路線で進むならもういいかな、って感じたこともあってこのブログでもなんとも言えない変な文章をたびたび書いてしまった時があったけど、そんな自分が今またこうしていられるのは間違いなくメンバーのおかげ。

変化をまるで恐れずどんな時でも果敢に挑むその姿を見ていると、スパドラと衝撃の出逢いを果たした昭島モリタウン()でのステージを思い出してしまう。

これからどういったグループになっていくのか右も左もわからない状態の中、小細工なしで真剣にライブと観客と向き合うあの姿、表情。

きっとこういう単純に胸の内が滾るライブを心のどこかで求めてたんだろうなぁ。

 

今日は1部・2部構成でメンバーの疲労もあるだろうに、アンコールまで全力出し切り"Endless Dance"まで観れて本当に感慨無量です。

それがこの『Emotions』ツアーで出せた己の感情だと思います。

 

次のワンマンはついに初野音ということで、パフォーマンス全振りの成果がそこでも活きることをワクワクしながら待ってます!

 

 

 

【セットリスト】
■本編
SE.
1. LRL -Left Right Left- 
2. Mr.GAME 
3. PAYAPAYA 
4. Monster!(Remix Ver.) 
5. BringBack 
6. BLOODY LOVE 
7. ゲラゲラ 
8. リマカブロ! 
9. Set It Off 
10. WARNING 
11. Mada' Mada'
12. HACK MY CHOICE 
13. BADASS 
14. Untouchable MAX

■アンコール
1. Endless Dance 
2. +IKUZE+ 
3. What a day

 

 

 

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

 

 

 

 

 

 

f:id:horonnk:20190404122328j:plain

スタンプの中身は玲於印でした。