REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【スパドラ】5thワンマンツアー『MYSTIC BOOK』を読んでみた(東京編)

2017年8月18日(金) 豊洲PIT
SUPER★DRAGON 5th ONEMAN LIVE TOUR『MYSTIC BOOK』
開場 16:00 / 開演 17:00

 

 

 

今日は安定のスパドラらしい天気(=にわか雨)でした(笑)

 

しかしライブはジメッとせず、アッツアツ!!

 

最近観てきたエビライ2017()の時に放ってたモノとはまた違うカッコよさがそこにはあって、初っ端から大盛り上がり。

こうなってくると、もっともっとワイワイガヤガヤできる曲が欲しくなる。

 

どことなく彼らに対する熱が常温になりかけてた昨今だったけど、目の前で繰り広げられる一段も二段もステップアップした個々のダンススキルや歌(ラップ)、ビートボックス、あとグループ全体で再度磨き上げられたフォーメーション移動を瞬きも惜しんで観ていたら最終的に辿り着いた感想は"スパドラって良いなぁ"と。

 

他にも成長したと思ったのが、楽のMCパート。

活動したての時は本当喋るのをやたらと拒み、仮に話したとしてもひと言ふた言で次の人にすぐマイクを渡すくらいシャイボーイだったのに、今夜はやや長めにしっかりと想いを伝えてくれたのがジーンと来ました。

 

 

正直な話、今まで行ってきたライブの中で過去最高にリラックスしつつ、我を忘れてノリに乗れたと思う。

 

生の演技を観れたり、例の面白トークもあったりと、とっても充実感。

ジャンの面白可笑しい「伏線」ものちのち活きてきて目頭が熱くなったよ(;_;)

 

 

そんな絶好調に楽しかったライブの終盤あたり。

 

一人ひとり言葉を紡いだMCで彪馬が「まだ僕たちを知らない人にも知ってもらいたい」「そのためには自分たちの力だけじゃなく、みなさんの力も必要です」と本音っぽく話してくれて、これがすごく響いた。

 

前回イーストで行われた4thワンマンの約1,300人キャパから、無茶とも思えるキャパ約3,000人の今会場で5thワンマンをすることになり毅もいろいろ考えてた()ようで、まぁ完売御礼とは行かなかったけども、メンバーとファンとでウマいこと動員を着実に増やしていければホールやアリーナツアーも決して夢ではないのかもね。

 

例え物理的な距離が離れてしまっても、いつも近くに感じられるグループであるといいなぁ、ってのが自分自身の望み。

 

 

それはそうと、5thワンマンのTシャツとタオルが1stワンマンの頃に回帰したような配色になってて懐古不可避。

 

f:id:horonnk:20170819011955j:plain

第4.5弾のサンダー集合写真に洸希の直筆サインが入ってて、よっしゃラッキー!

 

個人的によくあるシリコンバンドって野暮ったいから好んで買うことはまずないものの、この「日替わりマーブルシリコンバンド」()は細身のデザインと色味がオシャンティーで結構お気に入りだからこれからもシリーズ化してくれたら嬉しい。

 

 

ってなわけで再び熱が戻ってきた今、バンギャよりヲタク寄りのファンとして今後は適当に復帰していこうかと。

 

www.youtube.com

 

 まだまだまだ終わらない…。

 

 

 

 

 

 

 

 

【セットリスト(一部ネタバレ防止)】
■本編
1. BROTHERHOOD
2. HACK MY CHOICE
3. Ooh! Ooh!
4. ZEN-SHIN-ZEN-REI(楽と壮吾でソロダンス)
5. The Survivor
6. BIG DIPPER
7. Mada' Mada'
8. BAD BOY

シャッフルユニット
1. 玲於、颯 、洸希、和哉(BIG BOYS / ラッパー集団)
2. 毅、ジャン、彪馬、壮吾、楽(CHARA CHARA / EDMパリピユニット)

9. MIKAZUKI(アカペラ / サンダードラゴンがカバー)

和太鼓披露(ファイヤードラゴン)

□ジャン撮影によるリハ風景(8/6)

10. Mr.GAME
11. hide-and-seek
12. ワチャ-ガチャ!
13. リマカブロ!(サンダードラゴン)

ライトフィート披露(ファイヤードラゴン)

14. Pendulum Beat!
15. KITTO→ZETTAI
16. +IKUZE+

■アンコール
1. INAZUMA(SUPER★DRAGON
2. SHOPPING TIME(お菓子ばら撒き
3. PAYAPAYA