REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【セクゾ】5/6 Sexy Zone Japan Tour 2013(1部)

2013年5月6日(月) 横浜アリーナ
Sexy Zone Japan Tour 2013
第1部:開演 12:00

 

 

趣味棚の奥から今ツアーの公演内容を収めたBlu-rayだとか会場限定販売のメンバー写真にパンフ、おまけにジャニショ取扱の生写真までもがごっそりと出現したことは何かの縁だと思うので再び記事化します。

 

 

 

思い返すとあの当時…ちょうど最初のヲタ卒をしてた時期だったかな。

もちろん出戻る気はゼロに近かった。

 

でも「注目の若手ジャニーズグループが新たにデビュー!!」という触れ込みが引っ掛かり、恐る恐る1stフルアルバム『one Sexy Zone』を聴いたらそのあまりの良曲っぷりに度肝を抜かれて、気づいたらライトなドルヲタと化してたというね。

まぁ今となっては唯のファンになってしまったけれども。

 

しかもその頃ってグループと一緒にJr.方面も盛り上がってたから相乗効果で何倍も楽しめたのと、神番組『ジャニーズJr.ランド』のおかげも計り知れない。

 

 

そんなこんなでいつしか、画面越しだけじゃなく生のライブでも煌めいてる彼らを観たくなってしまい、チケ発してコンサート当日。

 

客層は案の定、9割型女性ってのは言うまでもなく。

ただその点に関しては普段行ってるヴィジュアル系のライブも同じことが言えるから、今日が初ジャニコンの身でも特に気恥ずかしさはなかった。

 

んで何事もなく横アリに入場したあと、物珍しい視線を感じつつも件のグッズを記念として購入し、特にやることもないのでSNSで繋がってる方とお会いしたりして時間を潰しながら定刻どおり開演。

 

 

会場が暗転したのと同時に超歓声が響き渡り、Overtureに乗せてセクゾメンバーが大掛かりなライドに乗って御降臨。

 

もうこの時点で我、鳥肌。

 

今まで画面や紙面越しでしかその存在を確認できなかったメンバーが目の前にいるということと、実物だとより男前すぎてビビッた勝利くんの顔立ちは衝撃的だった。

あとJr.ランドで名前と顔が一致してる人たちもチラホラ見かけ、番組内で見せる感じとはまた違ったオーラはまさしく、アイドルが醸し出すソレだなぁと。

 

中でもトラジャメンバーの宮近くん、顕嵐くん、朝日くんの3人は他とは一線を画すキレがあり、遠目から見ていてもどこで踊ってるのかすぐ探せるほど目立ってた(笑)

 

 

(中略)

 

 

楽しい時間はあっという間。と言うとおり、これだけの曲数があったのに一瞬で終わってしまったように感じられたほど、時の流れが異様に早かった。

 

【セットリスト】
■本編
SE. Overture
1. Sexy Zone
2. Sexy Summerに雪が降る
3. Ladyダイヤモンド
4. スキすぎて
5. With you
6. I see the light ~僕たちのステージ~
7. BAD BOYS
8. IF YOU WANNA DANCE
9. ツキノミチ
10. CANDY ~Can U be my BABY~
11. おなじ空の下
12. Don't Stop Sexy Boyz!
13. ベイサイドエレジー
14. キミのためボクがいる
15. 勇気100%
16. 名前のない想い
17. 君と…Milky way

□Jr.コーナー
1. MUSIC FOR THE PEOPLE
2. BEAT YOUR HEART
3. Dancin' in the Secret

18. Real Sexy!
19. We can be one
20. Knock! Knock!! Knock!!!
21. FaKe
22. Silver Moon
23. Justいましかない
24. 完全マイウェイ
25. 今日はありがとう

■アンコール1
1. 風をきって
2. High!! High!! People

■アンコール2
1. Real Sexy!

確かに、これなら複数公演入りたくなる気持ちは分からなくもない。

 

しっかし、このあとも同じようなテンションとボリューム満点の内容で2部と3部もやるってすごいよなぁ_(:3」 ∠)_ 

 

 

 

今いろいろとゴタついてる事務所だけど改めてコンサートを見てみると、やっぱジャニーズは演出が本当にウマい。

トコトン楽しませる気しかない空間づくりと、それを更に盛り上げてくれるメンバーやファン、そして時にメンバーのバックにつくJr.の存在も偉大だなって。

 

どこかさっぱりとしていて且つ、凝縮された至高のエンタメコンサートを約4年越しに思い出しながら味わえて大大大満足でした。