読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

ふつつか故の誘惑

今回はただの報告と思考雑記です。

 

 

 

はてなブログに備わってる機能の勉強をしてたら、100記事達成()の時に見たっきりでずーっと気になってた「読者一覧」を今更偶然発見。

ダッシュボードのすぐ下のとこにあったみたいで早速登録していただいた御礼の意味も込めて一個一個訪問しに行ってみたところ、いくら稼ぎましたとか、総PV数がうんちゃらだとか、会員向けの活動家が大半で、アメブロ時代にもよくあった「ペタ宣伝」と変わらんなぁと。

 

知る前はてっきり、同じ嗜好のガチ勢ばかりが読んでるものだと思い込んでて、真面目にしゃんとしなきゃ!って変に気負いながら記事を書いてたけど今度からはもっともっと適当にやっちゃっていいのかもしれない(苦笑)

 

ただそんな中でも前々から気に入って定期的に読んでたブログ主の方に、Twitterで言うところのフォロバアクションに近い登録もされてたみたいで至極嬉しい。

もちろん、はてなブログは持っておらず、ウェブのお気に入りなどから飛んで読んでいただいてる方が(おそらく)いることも重々承知で、そういったのも感謝感謝。

 

 

というわけで長らく抱えてた疑問もようやく解決し、そろそろTwitterのほうにも手をつけたいのになんか気が乗ってこない。

 

情報伝達速度が異常に早いという利点を活かして現在は情報収集と更新通知をメインに使ってるものの、やっぱりブログとは違って見たくないものまで不意に見えてしまうから、昨今増えてきた"無駄に自己顕示欲を出したツイート"が正直ツラい。

 

あまり気にしないようにはしてるけど、マイペースに書きたい放題書くと同じような目線で見られてるのかな?とか考えちゃって、たかだか1,2行の文章を呟くのに数時間も費やしたり、フォロワーが増えてくに連れて刺々しいことを言えずにマイルドになったり、更にRTやいいね!をされてしまった暁には尚一層のこと、背筋が伸びていい子ちゃんぶってしまったりといったことが不思議とよくあった。

 

目に見える評価(数字)って人を狂わせるのか、反応をいただくことは喜ばしい反面怖いなぁとも思うようになってから拠点を懲りもせずブログに戻したわけで、それからは影響されずに言いたいことを本当の意味で自由に言えてると思う。

 

それにブログというのは能動的に読もうとしなきゃそもそも開くことすらしないわけだからこそ、興味関心があって訪問してくれる方は歓迎したいし、嗜好や考え方がほぼ合致する方であれば是非とも会場内外で一度お話してみたいな、って思うこともちょくちょくある。

 

でもここだと交流するのにハードルが高いだろうから、そういった面でもTwitterってのはのめり込まない程度にやっておいて損はないのかなって。

 

 

 
いやはや、だいぶ話がそれましたが本当にブログって面白いもので、モチベーションが高いから書いてるんじゃなくて、見出しを書いてるうちにモチベーションが上がってくることがほとんど。

この記事だってそうで、ぼんやり浮かんだ考えを書いてると自然とまとまってる。

 

しかしながらマンネリも若干感じてるから今度新たにやってみたいのは、何かしらのイベント・ライブの感想を肉声は使わずに実況風味の動画化をしてみたい。

Blu-BiLLioN繋がりでシューティングスターさん()の感想動画とか、ゆっくりクソ映画レビューの人とかのような様式で。

www.nicovideo.jp

 

まぁ何事も塞ぎ込んでたら始まらないし精進あるのみ。