REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

ディズニーシーへ5年振りに行って感じた楽しさと残念なところ

2016年7月18日(月) 東京ディズニーリゾート
東京ディズニーシー
開園 8:00 / 閉園 22:00

 

超特急のタクヤらが出演していた、ディズニーシーの15周年特別番組「7つの海 ときめき旅」の情報を見ていたら久々に行きたくなり、せっかくなので「海の日」にガイドも兼ねてディズニーに詳しい方と行ってきました。

 

f:id:horonnk:20161113131739j:plain

入退園口の先にあるここのゲートはお気に入り。

 

本当は帰ってすぐ書こうと思ってたのに、もう11月半ばという_(:3」 ∠)_

人気のあるハロウィンイベントもとっくに終わり、これからクリスマスシーズンに突入するなんて信じられないくらい時間の流れが早い。

 

 

 

楽しかったところ

なんと言っても、この非日常的な景観の中を散策できるのはステキ。

f:id:horonnk:20161113133658j:plain

学生時代は体験できたアトラクションの数がそのまま満足度に直結してたけど、大人になるとそれ以外での「楽しさ」もあちこちで見つかるようになった。

建ち並ぶ建造物だとか、花壇にある花のレイアウトもよくよく見ると結構凝ってる(撮るのを忘れて写真はなし)。

 

そういやこの日はめちゃくちゃ暑かったこともあり、ほとんどの時間を何気ない風景を見ながら飲み食いしつつの休憩に使ってたかも(笑)

なのでアトラクションとかショーはあまり熱心に巡って観てませんが、それでも全然飽きてこないのはさすがディズニークオリティだなぁと。

f:id:horonnk:20161113135625j:plain f:id:horonnk:20161113135630j:plain

(左:アリエル仕様のソルティライチ / 右:みかん味のシェイブアイス)

 

昼間にはアホみたいに水を大量放出するクールダウンイベントもやってて、水飛沫が薄っすらとかかり涼しくなってきたところで新設された「トイ・ストーリー・マニア!」()へスタンバイで並びました。

f:id:horonnk:20161113140457j:plain

子供から大人まで楽しめるシューティング型アトラクションということもあってか、ファストパスは早々に発券終了になるほどの超人気っぷり。

こっちとしては、いつの間にできてたの!?って感じで、いざ出発すると童心に帰ってはしゃぎまくった結果、スコア(右側)はまずまず。

f:id:horonnk:20161113141038j:plain

俗に言う「トリガーハッピー」で命中率がだいぶ低い(苦笑)

 

そしてこの楽しい余韻のままいくつかのアトラクションを連続して楽しんでから次に向かったのはこれまた初参加となる「タートル・トーク」()という、『ファインディング・ニモ』に出てくるウミガメのクラッシュと会話できるアトラクション。

 

とにかくクラッシュの返しが痛烈で、とあるお兄さんが「クラッシュは岩にクラッシュしたことあるんですか?」というギャグ混じりの質問をしたら、少し間を置いて、「え?なんだって?」と、聞こえてるのに聞こえてない振りをしてボケ潰し(笑)

それからお兄さんが「岩にぶつかったことはあるんですか?」と真面目な質問内容に変えると、「おい!さっきと質問が違うじゃないか!」ってツッコミ(笑)

 

他にも前方のキッズエリアにいる子がマイクを通さずいきなり「こんにちは!(ドリーの声真似)」と言ったら「お、なんか挨拶されたぞ!」「こんにちは!」とちゃんと拾って返してあげたり、そのあと続けざまに別の子が奇声を上げると「イルカの群れがどっかにいるぞ!」と言って場を和ませたりもして、ぶっちゃけ子供騙しだと思ってナメてたんだけどガチで面白かった('ω')

当たりハズレあるにしても次行けるならこれはまた参加してみたい。

 

といった感じで、夕食前にくるっと一回転。

f:id:horonnk:20161113145026j:plain

www.youtube.com

個人的に「レイジングスピリッツ」()は程よいスリルがあるから好き。

 

回ってきたあとは気になってた『チップ&デールクリームケーキ(バニラ風味)』を目当てに、居心地がいい「ホライズンベイ・レストラン」()で食事。

f:id:horonnk:20161113143458j:plain

 

夜からは急に雨が降り出して「ファンタズミック!」()は中止。

ほぼほぼ満たされたので本降りになる前に帰りました。

 

 

残念なところ

題名にもあるとおり、最後に行ったのは10周年の頃。

その当時と今現在を比較すると変わってる物事も結構あって、ニュースでもよく取り沙汰されている「パークチケットの値段」は確かに中高生にとっては高い気もした。が、大人にとっては8千円近い価格設定はまあまあ相応だと思った。

 

自分はエンタメ系ショー大好き人間なので、それらをいくつか観ることで付加価値をぐんと上げてるんだけど今回、お目当てでもあった常設型ショーアトラクションの「ビッグバンドビート」()と「アウト・オブ・シャドウランド」()が「抽選式」の関係でほとんど観れなかったのは残念だったかな。

運悪く一度抽選にハズレてしまうと、それっきりで終わりってのはツラい。

せめて当選者は除外してハズレた人の中から再抽選するシステムがあればいいけどなくて、そこら辺はなんだかなって感じでした。

 

ただ一応、「立ち見席」ってのもあるから開演の数時間前に並べば観れるにしても、そこまでして待つくらいなら他のとこ行こう。ってなってしまう。

 

そういった事が影響してるのかどうかはさておき、下記のネットニュースで具体的な数字を出されると自分以外にも不満を抱えてる人はわりといそう。

news.livedoor.com

 

その他にも思うところを挙げるとするなら、上空に飛行機がちょくちょく飛んで現実が垣間見れたり、カラスがパーク内に侵入してきてダークファンタジーと化したり、レストランの予約事情も融通が利かなくなってたのも変わったなって思った。

 

 

 

あとがき

マイナス点はあってもやっぱディズニーは侮れない。

あの場所でしか味わえないモノはまだあったし、話のネタに尽きない魅力的なコンテンツがそこらじゅう豊富にあるってのはすごい。

 

一年に一回行くレベルは厳しいけどまた5年後にシーは行ってみたい。

ランドは陰で流行ってる「独りディズニー」()企画でそのうち。