読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【マジボ】映画『イカれてイル?』[2月8日編](ネタバレなし感想)

2016年2月8日(月) ユナイテッド・シネマ豊洲
映画『イカれてイル?』舞台挨拶(竹内道宏監督&ノーメイクス)
開場 18:20 / 開演 18:30

 

f:id:horonnk:20161008131223j:plain

(公開日:2016年2月6日)

■公式サイト:STARDUST - スターダスト オフィシャルサイト - ニュース - MAGiC BOYZ 初主演映画『イカれてイル?』2016年初旬公開決定!豪華出演者も発表!

 

 

まえがき

劇場での公開が終了してから半年以上が過ぎ、このまま記憶の中だけの「想い出映画」になるんだろうなぁと陰ながらに悟っていた作品がなんと、今年の11/23に待望の円盤化が決定()したみたいでビックリ(*_*)

www.youtube.com

というわけで嬉しさのあまり急遽、Instagramですでに書いていた過去記事(感想)を引っ張り出し、所々改訂して再掲載したいと思います。

 
 

舞台挨拶

本編開始前にちょっとした舞台挨拶があり、この日は竹内道宏監督とノーメイクス(荒川実里、上埜すみれ、柳杏奈)が出演してました。
 
他では絶対に知れない「裏話(『イカれてイル?』の最後がカタカナになってるのは、ラジオなどで宣伝する際に放送禁止用語に引っ掛かるのを防ぐため)」や「実は設定(主人公の松村楓万が見てる世界は虚構によるもの)」などをぼかしながら直接教えていただけたおかげで、本編の理解がより深まりました。
 
あと抽選会もあって特別賞でサイン入りの非売品ステッカーを入手('ω')

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/12547663_1756930184543392_850725150_n.jpg?ig_cache_key=MTE4MDQzNDI1NjE4NTIyMzk2Ng%3D%3D.2

ちなみに表面は「前売券劇場購入者特典」()の物と同じ。
 
 

総まとめ

まず言いたいのは、期待を裏切らない内容だったということ。

ただ闇雲に「世界最強のYouTuber」を目指すだけのハチャメチャ物語で終わらせてしまうことなく、合間合間にSFだったりミステリーチックな要素も出してきたことで考察しがいのある展開にワクワクが止まらなかった。

時にはお茶の間が凍りつくような「気まずいシーン」もメタファーとなる小道具を使ったり、それっぽい動きと雰囲気で演出してR指定スレスレ(笑)

 

キャスト陣もかなり豪華で、主人公をサポートするかのように濃すぎるキャラクターが次から次へと登場してはそれがウマいことヒロイン側にも影響を与え、エンディングを迎えるまで本当に気が抜けない危うさがある。

 

監督さんが元々映画畑を渡り歩いてないということもあってか、映画の枠にとらわれない独自の構成も印象に残ってて、唐突にミュージックビデオ(撮り下ろし)を挿入してきたあたりひと味もふた味も違うなって。

だから個人的に、映画としての物語を楽しみつつ"旧・MAGiC BOYZのイメージビデオ"を観てるような感覚も同時にあって鑑賞後はなんだか得した気分でした。

 

 

前述のとおり、円盤化決まって劇場で観れなかった人もようやく作品に触れられるようになるわけですが、メンバーに対して穢れなき想いを抱いてる人はいろんな意味で衝撃的なシーンがあるので心してどうぞ。

 

 

 

okstars.okwave.jp

www.youtube.com