REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【DEZERT】『最高の食卓』購入者限定アウトストアイベント

2016年1月23日(土) 渋谷CUTUP STUDIO
DEZERT『最高の食卓』発売記念 ミニライブ
開場 18:30 / 開演 19:00

 

www.youtube.com

 

このバンドのアウストへ行くのは約1年振りで、新ギタリストのMiyako(ex.Moran/vivi)さんが加入してからのライブは初めて観ました。

メンバーが変わるとバンド全体の雰囲気が変わってしまう。とはよく言うけれど不思議なことに、違和感はまったくと言っていいほどなかった。

 

 

 

 

 

まえがき

当日限定でコラボドリンク(特典付き)が販売されてました。

 

そしてライブ前には去年同様に「振付講座」が行われ、だれ気味だった初回時とは違い、今回はサクッと説明する方向に切り替えてくれたのは助かった(笑)

それでも後半は飽きてそうな雰囲気が漂ってたけど笑える場面もあったのでまぁ良し。

 

 

本編

今夜のセトリは新しいアルバム『最高の食卓』をメインにした構成になってるのかと思いきや、普段のイベント・ライブでも演奏してそうな定番曲を中盤に持ってきたおかげで歓声がたびたび沸き起こり、その瞬間の熱気はかなりアガっていた。

 

後半になると千秋さんは「今から真面目にやりまーす!」とおどけて見せながら再びアルバムに収録されている新曲を絶え間なく披露。

最後には名曲と名高いセミバラードの"「ピクトグラムさん」"を聴かせてくれるとそのまま何も言わずにステージを立ち去り、続いて楽器隊もゾロゾロとステージ袖に捌けて終演したのかどうかもわからない妙な余韻に浸りながら閉幕しました。

 

【セットリスト】
1. 「あー。」
2. 「君の子宮を触る」
3. 「ここにラブソングを」
4. 「排泄物」
5. 「おいしい脾臓は笑わない」
6. 脳みそくん。
7. 「遺書。」
8. ゴシック
9. 「セイオン」
10. 「宗教」
11. 「ピクトグラムさん」

 

 

総まとめ

DEZERTのライブ自体、実は結構久しぶりに観たんだけど全然変わってなかった。もちろん「ブレてない」という意味で。

唯一変わった点を挙げるとするならそれは、全体的に洗礼されていたこと。

ドマイナーっぽさがマイナーになったと言うかなんと言うか、幅広く観てもらえるような仕様になってた気がしました。

 

ただライブに懸ける想いが尋常じゃないほど高すぎるから、フロアにいる一人ひとりが己の意志でちゃんと乗っかってこないと千秋さんは明らかに不満足そうな態度を見せて時折、不穏な空気を漂わせてしまうところは賛否両論あるかも。

 

まぁ自分としては楽しくもないのに「楽しかった!」と嘘をついてなあなあに済ますよりは、暗にでも意思表示してくれるのはわかりやすくて嫌いじゃない。

 

 

 

あとがき

正直、どういうライブをすれば正解なのかはいまだにわからないけど、この界隈にありがちな"右倣えの固定観念"をぶち壊してシーンを盛り上げてくれるであろうバンドの一つとして、今後もひっそりと動向を注目していきたいと思います。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/12558421_468162576700192_1790621434_n.jpg?ig_cache_key=MTE2ODgwMDEyMjgzNjgzODg0NA%3D%3D.2