読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【V系】Purple Stone『パニックパニック!』でついにボーカルが踊り始めて、みんなが あわててる。

凡人には名付けられない、一周回って「天才的」なその表題曲に思わず、「オ オ オ オ」と言いたくなるバンドとして私的に馴染んでる、Purple Stone(読み:ぱーぷるすとーん / 略称:パースト)がぶっ込んできた5thシングルについての話。

 

今回『パニックパニック!』という題名を見てすぐ、矢島晶子さん(野原しんのすけ)が歌ってる"オラはにんきもの"が閃いて勢いのまま乗っかってみた。

 

 

とまぁそういうことで本題。

パーストの音楽性やアートワークって初期は硬派すぎるほど硬派なバンドだった。ということだけわかってもらえれば幸い。

www.youtube.com

視聴してのとおり、サウンドは結構なメタル寄り。

今でもその面は失うことなく続いてるんだけど、最初はお堅い印象がありました。

 

(中略)

 

それから2,3年後、今年8/17にリリース予定の新譜がコレ。

www.youtube.com

この変わりよう、大好き。

スポット版を見る限り、楽器隊(Ba.風麻とGt.GAK)は空いた時間に手や体でリズムを取るぐらいで、ボーカル(keiya)はキレッキレに踊る清々しさ('ω')

 

1stシングル『甘酸っぱいマンゴー』()を出荷してしまった時から「(普通じゃないな…)」ってのは薄々感じてたけども、4thシングル『歌舞伎町バタフライ』()とかいう重厚サウンドに語感の良さがクセになる表題曲の流れから今作でこう攻めて来たのは、受け手側が「パニック!」になるのをわざと狙ったのかなって(笑)

 

 

昨今、ダンスも披露するヴィジュアル系バンド*1や【イケVプロジェクト】が発足したりと、その手のジャンルが確立しつつあって珍しくもない光景になってきたから、そういうバンド限定の対バンイベントがあれば冗談抜きですごく行きたい。

 

柔軟な発想で活動展開をしてくれるバンドってやっぱ面白さに富んでると思うし、応援していて楽しいから、まずはライブでどう化けるかに期待が膨らむ。

 

 

 

http://purplestone.jp/images/topmain.jpg

■公式サイト:Purple Stone official website
■公式TwitterPurple Stone INFO (@PurpleStoneINFO) | Twitter

*1:ゴールデンボンバー、マイドラゴン、Psycho le Cému、SuG、Jin-Machine、カメレオ、メガマソ、など