読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【まとめ】2016年上半期映画ベスト10

Twitterで映画に関するハッシュタグを見つけて便乗。

f:id:horonnk:20160710215842p:plain

1. アイアムアヒーロー
2. ズートピア
3. ちはやふる -上・下の句-
4. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
5. 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS
6. 僕だけがいない街
7. ライチ☆光クラブ
8. 貞子 vs 伽椰子
9. オデッセイ
10. X-ミッション
特別番外編:イカれてイル?

 

とにかく上半期は邦画が豊作だった。

昨今ブームになってる原作ありきの実写映画化が大半を占めても、何かと胸を打たれる作品が多くて、中でも『僕だけがいない街』は自分でも驚くほど登場人物に感情移入しすぎてしまい後半はまともにスクリーンが観れなかった(苦笑)

 

海の向こうの作品は、意外なところでディズニーアニメの『ズートピア』がだいぶキてた。エンドロールの終わりに流れるジャングルのさざめき(アンビエント音楽)で余韻を引き延ばす演出も良かった。もし続編が出たら絶対観に行きたい。

その他で言えば『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出てきた新スパイダーマンの陽気なキャラクターが中々に良かったから、単独作品にも期待が募る。

 

 

今年は選り好みしすぎたせいで、劇場で鑑賞済みの作品は15本しかなかった。ただどれもこれも私的には目立ったハズレがなかったから選ぶのも順位づけするのも大変だったけど、印象に残ってるのを基準に選んでみました。

 

下半期は予告編からすでに良作の予感しかしない映画がいくつか見つかってるから、余裕があれば音楽面と並行しながら新たな分野も開拓してみたい。