読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【マジボ】「Do The D-D-T!!」リリースイベント[ららぽーと富士見編]

2016年7月9日(土) ららぽーと富士見
MAGiC BOYZ 「Do The D-D-T!!」リリースイベント
開演 17:00

 

 

マジボのイベントで残念な空模様だったのは自身初かも。

まぁでも開演中は奇跡的に雨が降ることもなく、いろんな意味で近くに感じながら快適にまったりとアツく観れました。どこにいても楽しめるライブは良いライブ。

 

f:id:horonnk:20160709193919j:plain

 

そういえばメンバーがステージから捌けた途端、パラパラと小雨が降ってきたあたり、MAGiC BOYZの中には強力な晴れ男が複数人いるとみた。

 

 

 

 

 

まえがき

ギャラリーにはそこそこ人が集まってるんだけど、優先エリアの後方がちょっとだけ寂しいことに。立地のせいなのか、はたまた何かしらの因果があるのか…。

 

今回もスタッフさんによる周辺にいる観覧客へのビラ配りがあって、身内ノリだけで凝り固まらせたくない思惑があるのかどうかはさておき、こういう宣伝はやっておけば多少なりとも効果があるだろうから、こういう地道な行動がのちのち誰かしらの「きっかけ」になってくれたら幸い。

 

f:id:horonnk:20160709194812j:plain

パフォーマンス中、食い入るように観てたらやっといただけました('ω')

 

 

総まとめ

ライブは予定時刻から5分ほど遅れてスタート。

 

まずジョーくんとミロくんが出てきてサクッと挨拶をし、そのあとMC3人が登場して歓声を浴びると、トーマが「GENERATIONS(from EXILE TRIBE)の次にクるグループ!」「MAGiC BOYZ a.k.a.四代目J Soul Brothersです!」と他グループの固有名詞を出して乗っかってくるところは平常運転。

 

この日はリュウトの帽子が出だしから不調で被らずにこなしてた。

(2016/7/11追記:後日、本人のブログで「テントから出るときに階段があるんですけど登ったらテントに頭が当たって開始0秒で帽子が取れました笑」という些細なハプニングがあったもよう)

乗っけても落ちるから卓上に置き、それをジョーくんやミロくんが代わりに被ってDJしたり、ミロくんがまたリュウトの頭に乗っけてあげようとしたり(結局また取れてた)といったレアっぽい光景も観れた。

なんとなく、リュウトのステージングが前回の時から変わった気がしたけど「(こうなりたい!!)」と思えるような、影響を受けた人物がまた見つかったのかな。

 

それから例のゲリラナンパラップをここでも演ってくれて、トーマが意気込んで「よし!後ろ行くぞぉ!」と言った矢先に「あれ?(通行人が)誰も来ない(苦笑)」なんて動揺して戻る場面はちょっとしたコントみたいで面白かった(笑)

一方でマヒロはド下手側のステージに腰かけて、目の前にいる人たちをあの覚醒進化したラップで上手いこと口説いていた。

 

テンションが次第に上がっていくのが伝わる"オレでしょ??"を経て、新曲"Do-The D-D-T!!"では曲入りのDJプレイングをミスった時の反応がかわいかった印象。

一旦仕切り直して曲が始まるとやっぱり良曲だなぁと。よくよく観るとダンス(フリ)も凝ってて、フロア側もステージ側と同じくらい思いきり動いたら尚のこと楽しめそう。魅せ場のスーパーホイッスルタイムでは周りにいたキッズたちのスイッチが入り、ミロくんみたいに駆け回っててワロタ。

 

開始は少々遅れたけどきっちり30分間こなしてから終演。

特典会は例によって現物が即入手できるまでは遠慮しておくとして、今日は大雨で中止にならなくて本当に良かった。それに尽きます。

 

 

 

あとがき

マジボのイベントって、こんなにのほほんとしてたっけ?と。

気づいたら汗かいてるぐらいにはっちゃけられるライブとはまた違ったアツさを今日は魅せてくれて、構成が似たり寄ったりのセトリの中でも何かしら届くモノは私的にはあったと思う。

 

次回また観れるときも楽しもうとする気だけは忘れずに参加したいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

【セットリスト】

1. マジボのテーマ
2. 俺ら東京さ行ぐだ吉幾三カバー)
3. 調子のってる⤴
4. 「タイトル不明」(ゲリラナンパタイム)
5. オレでしょ??
6. Do The D-D-T!!