REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【スパドラ】本当に眺めたい景色

lineblog.me

前も言ったけど、俺らのLIVEは ペンライトでも全然良いけど 拳とかあげて、掛け声じゃなく サビとかのみんなで声出せるとこは、 俺らと一緒に出したらもっと盛り上がって楽しいんじゃない?! と思ってるよ みんなはどう思う?

(2016/06/26 00:56 ジャンのブログより引用)

 

 

スパドラのブログ記事をまとめ読みしてて引っ掛かった文章。

 

この意見については大賛成ではある。が、実際問題、どのジャンルにおいても一体感のある「声出し」をさせるのって本当に難しい。

爆発的な声をうみ出すにはまず、ステージ上がアツい雰囲気になってることが必要不可欠なのはもう大前提で、それを汲み取ったファンがステージに自然と声をぶつけてはパフォーマンスをもって返され、更にぶつけてはまた返されての連続になってから初めてお互い汗が出るほど激アツなライブになれる、と勝手に信じてる。

 

もちろん、いろんな応援の仕方があるわけだから、棒立ちで鑑賞する人もいれば、フリだけやる人もいたり、声出しの時だけ積極的な人がいても全然いい。

 

自分としては、このステージに声をぶつけたらより良い反応が返ってくるだろうな、ってときにしか声を出したくないのが素直な本音。

ただ煽られたら一応は出すけど能動的にならないのがほとんど。

ちなみに"反応"ってのは俗に言う「認知」とか「レス」って意味じゃなく、諸々のパフォーマンス面のこと。フロア側のノリ方や声出しによって明らかに演者側の熱量も上がってるのが肌で感じられるのなら、出さないでいるのはもったいないから出す。っていう単純な考えから来てる。

 

 

エビダンは「非アイドル」を掲げながらも、いざ蓋を開けてみれば良くも悪くもどっちつかずになってしまってるのが現状だから、早い段階で応援ボードの持ち込みを禁止にしたり、複数タイプ購入によるループ可能な過剰接触を伴う特典会の実施をしない方向に切り替えつつある(?)のは、何よりもステージに注目させて評価してもらいたい意図があるのかなって。

 

ライブよりも特典会を求めていた層はすでに離れてるかもしれないけど、長い目で見たらドーピング商法による一時的な人気や動員を増やすより、絶対に裏切ることのない日々向上していくパフォーマンスを武器に、わかる人だけが大勢集まって沸き立つライブを一緒に演出していくほうが断然良い。

ちょっとした接触(ハイタッチ会など)があってもそれは「来てくれてありがとう!!」ぐらいの位置づけっぽいから、ライブ中も省エネにならずに全力で打ち込めるわけと。

 

 

それはそうと、8月4日にはa-nation island『AsiaProgress ~5th Anniversary~』のオープニングアクトとして出演が決まり、SUPER★DRAGONをまったく知らないであろう多方面の人々にアピールできるチャンスでもある。

 

メンタリストDaiGoさんのお言葉を借りるなら…

このあたりになるのかな。

 

掴み取ったチャンスがどういう結果であれ、一人でも多く気になっていただける観客が増えればこっちとしても嬉しい。

例え振るわなかったとしても今後のライブに活かされてれば尚のこと喜ばしい。

 

マイペース且つ微力ながら、今後の展望と活躍に期待したいです。