読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【スパドラ】「BAD BOY」発売記念イベント[DAY3](2部)

2016年6月19日(日) 東放学園映画専門学校 B2F STUDIO Dee
SUPER★DRAGON「BAD BOY」発売記念イベント
開場 16:00 / 開演 16:30

 

颯が欠席により、8人体制でのステージングでした。

 

f:id:horonnk:20160624230055p:plain

 

この日は諸事情で2部だけの参加。

予想どおりの新曲。まさかのモノトーン系な新衣装。そして、アレンジが施された数々のパフォーマンスまでもが一気に披露されたから、すべてを憶えようとしたら逆に肝心な部分をいくつか見逃してしまいました。まさに二兎追う者はなんとやら/(^o^)\

 

 

 

 

 

まえがき

今回の会場の音響機器はスパドラ向きだった。身体をズンズン揺らして来る持ち味のダブステが思う存分堪能でき、ステージの見やすさも中々。

http://line.blogimg.jp/superdragon/imgs/c/6/c6ba2afc-s.jpg

(2016/06/22 23:26 ジャンのブログより引用)

 

ステージ上に誰もいない時間をなるべく減らすためか、MC前の水分補給をする際に全員一斉に行ってしまうのではなく、話し終えたら2,3人に分かれて順番に舞台袖へ行くように変わっていたのは良い改善点。

改善と言えば、特定曲のソロダンスも若干また変えてきてた。

 

 

夏向けの新衣装

 

前述のとおり、新衣装は白と黒のモノトーン色で固めてファイドラとサンドラとの区別もひと目でわかる仕様(上の画像参照)。挿し色は銀色。カッコよさはそのままで、今まで抱いてた「スパドラ=」のイメージが薄くなった。

身に着けてるアクセサリーもそれぞれ異なり、どのメンバーもいいんだけど個人的には壮吾タイプの着こなし方とあの紐ブレスレットはイケてて好き。

 

 

新曲(Ooh! Ooh!)

www.youtube.com

読み方は「うっうー!」で、コール&レスポンスの合言葉でもある。

どことなく荒野のサバンナ感のある曲調からして一瞬、ネタ曲かと勘違いしてしまったけど最後まで観聴きすると自然とノリたくなってくる不思議。

この曲もまた、"KITTO→ZETTAI"でボーカル&コーラスを担当していた3人(彪馬、洸希、和哉)の持ちパートがあって、他のグループではまず観れないような曲間にビートボックスを披露するところはかなりの新風を巻き起こしてた。

 

洸希は「今日イッテQで 尊敬するビートボクサーの Daichiさんがでてた!」とブログで言っていたけど、あのお方は本当にすごいから技術面などをリスペクトしてるならそのうち、ステキなパフォーマンスを魅せてくれそうな予感がする。

 

 

「The Survivor」(私的、3度目)

www.youtube.com

片手で数えられるほどしかまだ披露してないこっちの新曲も、後半のフォーメーションタットの移動がキレイに切り替わるようになっていた。

いずれまた観れるときにはフルメンバーによる全体的な動きにも注目したい。

 

 

MC抜粋(2部)

楽くんの気遣いがみられる「盛り上がってくれないと颯くんみたく追いかけちゃうぞ☆」で過去最高値の\ぎゃあああ!!/が聞けた。

それに対し彪馬は「楽でキャーキャー言ってたら、追 い か け ま わ す よ ?」と低いトーンでフロアを威圧し、さらに乗っかった玲於も「俺に追いかけ回されたら、逃げきれないよ?」と天丼(笑)

 

この日の壮吾は、英語版の車掌さんのアナウンスを披露していたけど声質と発音がめちゃくちゃ似てた。ジャンも「(英語が)自分よりも上手い」と絶賛。

 

 ◇

 

 

総まとめ

正直なところ、見所いっぱいで全然憶えきれなかった(苦笑)

新曲が増えてくると必然的に聴きたくても聴けない楽曲もチラホラ出てきて、なんだかいつもよりあっという間に終わってしまった気がしたから、まとまった曲数を演ってくれる8月11日の3rdワンマンは本当に楽しみにしてる。

 

 

 

 

 (詳細:http://super-dragon.jp/live_event/140

 

 

 

 

 

【セットリスト(2部)】
SE. (ROCK 'n' "DUB" BEAT)
1. BIG DIPPER
2. ZEN-SHIN-ZEN-REI(和哉と楽でソロダンス)
3. The Survivor
4. +IKUZE+(玲於がソロダンス)
5. Ooh! Ooh!(新曲)
6. BAD BOY