読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

カオスなSOF2016で自由に楽しんできた(初フェス体験)

2016年6月5日(日) 新木場STUDIO COAST
SCREAM OUT FEST 2016
開場 14:00 / 開演 15:00

 

 

一つのステージに多くの出演者が入れ替わり登場するライブ(対バン形式)には過去何度か足を運んだことはあったものの、そういえば「フェス」には行ったことがなかったなぁと。しかもヴィジュアル系じゃないメタルバンドを観るのも初めてで、活動初期から生で観たくてしょうがなかったblessthefallと、ヴィジュアル系にやって来た頃から好意を抱いてるノクブラが同じ場所で観れるなんて夢のようでした。

 

前から気になってた今回の会場、スタジオコーストでライブを観れるのも楽しみの一つで噂に聞いてたとおり、音質面も照明も確かに良かった。個人的にはフロアに降りるよりも(2階じゃない)バルコニーのほうが観やすかったかな。

そういや今回は「屋内型2ステージ構成」とのことで最初、どこにステージ設営できる余裕あるんだ!?と思ったら…BLACK STAGEは常設してるメインステージを使い、横長での鑑賞。BLUE STAGEはフロアのド上手側にある空いたスペースに設置されており、縦長で鑑賞するような仕様になっていて移動の手間は一切なし。

 

 

 

 

 

本編

会場に着いたのは開演時刻でもある15時を過ぎたあたり。

 

出演してる海外バンドのCDを購入すると直筆サイン入りのポスターが付くってのを帰宅途中になってから知り、実に惜しいことをしたなって話はまぁ置いといて、到着してすぐ物販コーナーへ行ってblessthefallのTシャツを思いきって入手。

f:id:horonnk:20160606152207j:plain

いつの間にかTシャツのほうは完売してたみたいで早く買っておいて良かった。

ちなみに乗っかってるリストバンドは通常前売券の特典。

 

そんなわけでオープニングアクトの『FOAD』は残念ながら観れず。

気になってた『a corwd of rebellion』は音漏れを聴きながらの参加でした。また機会があったらちゃんと観てみたい。

 

 

Another Story(15:35)

ボーカル曰く、このイベントには初参加みたいで何かと低姿勢に「よろしくお願いします!」「Another Storyです!」と観客に呼びかけてたから自然と印象に残ったのと、スクリームが強烈だった。例えるならIN THIS MOMENTのMaria Brinkみたいな、悲鳴にも似た中々いない突き抜けるようなタイプ。

 

熱が上がってきた中盤、「今まで頭が高くてすいませんでした!」と謝りながらステージ関係なく暴れるために楽器隊も巻き込んでフロアに降ろさせると「楽器だけはコスト高いんで壊さないでやってください」と言って笑いを誘い、観客と一緒に最初から最後までエネルギッシュなパフォーマンスを展開してたのは面白カッコよかった。

 

www.youtube.com

 

 

Myka, Relocate(16:05)

コレと言った特徴がないのが逆に特徴になるのかな。

音のつくり方とベースの極めて低い音の出し方が好みのやつで、ギターが職人のような立ち振る舞いをしてたのが記憶に残ったけど、それ以外は正直なところ、個人的にはフツーだった。クリーンボーカルの歌メロがもうちょい癖があったらハマれそう。

 

 *

 

THE冠(16:50)

転換準備からすでに本気モードで仮演奏をこなし、その音圧がやたらと重い。

それもそのはず、HR/HMを軸にした鋼鉄系バンドで今イベントに出演するような毛色ではなくとも決してイロモノ扱いで終わらせない、ガチの演奏力と合間に挟んでくるコミカルなトークもあってなんだかんだ楽しめた。

 

BLACK STAGEでは次の出番でもあるノクブラのCazquiさんが準備をしながらTHE冠のステージをノリノリで観てたのが目に飛び込み、演者側も楽しんでるようで何より。

 

 

NOCTURNAL BLOODLUST(17:25)

f:id:horonnk:20160606212411j:plain

観るのは何年振りになるか覚えてないほど久々のノクブラ。

 

初っ端の音出しから爆音を通り越した轟音をかき鳴らしてフロアをザワつかせ、尋さんはまずTHE冠へ感謝の言葉を送り、そのあとフロアに対し「俺たちはケンカしに来ました!」「見た目だけで判断してる人たち、35分間しっかり楽しんでください!」と煽ってからライブを始めるとそこはもう地獄絵図のようだった。

 

ヴィジュアル系好きのバンギャノリもいれば、生粋のメタルノリもいて、サークルピットやモッシュは当然のように自然発生し、ぶっちゃけ内容を文字で書くより動画を見たほうが早いので事の詳細は下記のNAVERまとめをどうぞ。

matome.naver.jp

まだ一曲目なのに会場の高まりっぷりが半端なく「やるならトコトンやれ!!」とさらに煽るもんだから文字通りグッチャグチャになり、中盤には単純な過激さだけじゃないヴィジュアル系ならではチャラい要素が詰まった"V.I.P"でお祭り騒ぎのように狂わせると、その勢いのまま最後には今まで見たことない本物のウォールオブデスまで巻き起こさせて、しかも後方ではアイドル界隈でよく見られるヲタ芸を打ってる人までいるという、傍から観ててもカオスなライブだった(笑)

 

 

MCでは「ヴィジュアル系とか、メタルだとか、そんな細かいことは俺らのライブじゃ関係ねぇんだよ」「お前らがやりたい方法で暴れろ!!」ってな話をライブを通じて言ってくれたことと、終演後に偏見を持ってた(?)っぽい人たちが「良いじゃん!!」「たまらない!!」と口々に言ってくれてたのはこっちとしても嬉しかった。

 

 

初見の人にとってはだいぶ衝撃的だったみたいでTwitterでトレンド入りをするほどの、息つく暇もない35分間、自身の予想を遥かに超えた極めて高い熱量を感じるフロアと圧倒的に進化していたノクブラのライブを肌で感じられて幸せでした。

 

 

www.youtube.com

 

【セットリスト(NOCTURNAL BLOODLUST)】
1. Pleasure of Torture
2. Punch me if you can
3. 銃創
4. ZēTēS(SE)
5. Malice against
6. V.I.P
7. A Day to Re:member
8. VENOM

 

 

HER NAME IN BLOOD(18:35)

ノクブラで消耗してしまい、『Survive Said The Prophet』は音漏れ参加で休憩。

 

何かと名前を見かけるこのバンドを軽い気持ちで観たらゴリッゴリのメタルコアとまたしても大音量の轟音にやられ、屈強そうなボーカルと演奏陣のパワーがすごい。

重苦しさと流れるようなギターのメロディを奏でる楽曲が気に入った。

 

 

Get Scared(19:15)

バンド名は以前から既知ながらも、楽曲は食指が動かずに今までスルーしてた。きっかけが特になかったせいなんだけど、聴かずにいたのがもったいないと思えたほど、私的にステージングを含めたあらゆる要素が好みのソレでとっても良かった。

これから音源を漁ったり、新譜リリースなどの活動動向は要チェックしたい。

 

こうして観終わってみると、自分はどちらかと言えばHR/HM寄りのオルタナ系ポストハードコア/メタルコアなバンドが好きなのかも。

 

 

www.youtube.com

 

 

ATTILA(20:00)

予備知識はなくても不思議な魅力に惹き込まれる、ライブが楽しいバンド。

お目当てではなかったけどフロアと一緒に盛り上がろうとしてる姿が好印象で、なんだか楽しくなってくるHIP-HOP的なノリとデスコアのグロウルが見事に織り交ぜられ、意識せずともすんなり彼らの音楽が入ってきて気づいたら、手を上げて揺らされていた。と言うか、自ら揺れていた(笑)

 

ラップメタルは元々好きな組み合わせだから、また一つ新たな発見ができました。

 

 

NINJA KORE(DJ SET/20:35)

f:id:horonnk:20160606173454j:plain

来日していたEDMコアバンドが急遽、DJセットで出演決定。

 

特設ステージ(BLUE STAGE)とは言っても抜かりのない良い音響機器によるエグい音圧をフロアに絶え間なく届け、さっきまでの空気とは一転、クラブモードとなって踊ったりメタルノリをする人が共存する異様な光景が広がっていた。

ダレやすい後半戦に彼らのライブがあったことでわりと程よい緩急となり、めっちゃくちゃブチアガった。

 

 

DJのお二人も盛り上がりポイントで激しく舞い、途中、上に載せたバンド音源を流したりして、終演直前にはゲストボーカルを招いて歌ものも披露するなど、一辺倒にならない演出が本当に良かった。いつの日かフルセットでも観てみたい。

 

 

www.youtube.com

 

 

blessthefall(21:15)

ついに待ちに待った、もう一つのお目当てとなるバンドが観れる時間が近づいてきて、緊張と興奮によるソワソワが止まらなかった。っで、SEが鳴ってしばらくしてからメンバーが拳を突き上げながら登場するとドッと歓声が沸き立ち、それと同時にこっちの身も心も震えまくった。

今まで画面越しの遠い遠い存在だと勝手に思ってたから、開始1,2曲までは彼らのライブを観てる実感があまり湧かず遠慮がちに様子見してたけど、時間が経つに連れて親しみやすい近い距離に感じられるようになって、"2.0"→"What's Left Of Me"のコンボあたりから空気を掴むとその圧倒的なまでのステージングと演奏に酔いしれた。

 

このバンドもATTILAと同じくフロアと一緒になってライブを盛り上げようとするタイプで、Beauが忙しなくあちこち移動しながら叙情的にクリーンを歌い上げ、Ericも生で聴くとスクリームの迫力が半端ない。上手ギターのElliottは心の底から楽しそうな表情をしてヘドバンしつつ煽ってくるから負けじとこちら側も自由に楽しんでいたら、あっという間に終演時刻になっていた。

しかし、まだまだ満足しない自分含めた観客たちがアンコールをすると再び登場し、そこでまさかの"Hey Baby, Here's That Song You Wanted"を演ってくれたのは予想外で、サビ入りのところはマイクを向けられてみんなで大合唱。興奮冷め止まぬ中、華麗にフェスイベントの幕を閉じていきました。

 

 

セトリも聴きたかった曲が次々と演奏されるもんだから、高ぶった気持ちをステージにどんどんぶつけてはすぐ返され、ぶつけてはまた返されの連続で、生涯において間違いなく最高の一日となった。叶うことならまた観れたらいいな。

 

www.youtube.com

 

【セットリスト(blessthefall)】
■本編
SE.
1. Hollow Bodies
2. Youngbloods
3. Guys Like You Make Us Look Bad
4. 2.0
5. What's Left Of Me
6. Oathbreak
7. Walk On Water
8. To Hell And Black
9. 40 Days...
10. Exodus
11. Dead Air
12. Promised Ones
13. You Wear A Crown But You're No King

 

■アンコール
1. Hey Baby, Here's That Song You Wanted

 

 

初フェス・非ヴィジュアル系もいるライブを終えて

転換がスムーズなところはフェスのほうが圧倒的に良くて、その他はこれまで経験してきた対バンと勝手は変わらなかった。最低限のマナーを守っていれば何も問題なし。出演バンドによって客層がガラリと変わるところも一緒。

 

ヴィジュアル系であろうとなかろうと、ライブに懸ける熱量はどのバンドも高いから、あとはノリ方とか暗黙のルールをどう捉えるかが理解し合える分岐点かと。

もっとこういう混合イベントがあれば面白いと思うんだけど、一つの枠にしか普段行かない層にとっては思うところも多かれ少なかれあるんだろうな、って感じた。

 

 

 

ここ最近になってからは諸々の理由でワンマンやツーマンぐらいにしかあえて行かないようになり、長丁場のイベントで体力が持つか心配ではあったけどアドレナリン全開だったおかげか、夜遅くまでドリンク一杯だけでなんとか保っていられた反面、翌日に疲れが一気に押し寄せてきて今はやや困憊気味。

 

それでもその疲れと引き換えに鮮烈な体験ができたのと、忘れかけていた"生のライブを通じて魅力溢れるバンドを発掘する楽しさ"ってのを改めてまた思い出せたから、たまぁにならこういうフェスへまた行ってみたい。