読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【マジボ】単純に面白味を求めて再び行ってきた[D.D.T.2](重大で大切なお知らせ)

2016年5月21日(土) 渋谷2.5D
MAGiC BOYZの渋谷でD.D.T.~その(2) ドクドク…トクン…~
開場 12:30 / 開演 13:00

 

前回、4月17日に行われた定期イベントその(1)から、3人体制の新生マジボとして始動した彼らの動向はそのあとちょくちょくチェックしてました。

 

f:id:horonnk:20160417203602p:plain

 

ただどうにもこうにも、画面越しだけじゃ会場の空気感を知るのは難しいから、Ustream配信には頼らずにまたしても定期イベントを体感すべく行ってきました。

先にザックリとした感想を言ってしまうと、なんだか今日は蚊帳の外にいるような気分を味わっていた。って言うと語弊があるかもしれないけど、ステージとフロアの間に薄い壁があったようで正直、あまりライブに入り込めなかった。

 

 

 

総まとめ

ともあれ、楽しくなかった。ということでは断じてないです。

 

なんて言えばいいのか、これまではステージ側が煽らずとも、能動的に自らノリに乗ってメンバーと一緒になって満足感を得ていたはずなのに、全体的にチグハグしてる変な想いが気になってしょうがなく、今日はどうしたんだろう?と。

 

ラップをするにしても誰に向けて言葉を発してるかわからない目線の動きもやたらと目についてしまい、中盤まではただ漠然と眺めてるだけだった。けれども、終盤から披露した"ハミダス(仮)"あたりからやや持ち直していたような気はする。

さすが3人になってから爆誕した楽曲だけあって、コール&レスポンスのレクチャーのスムーズさといい、ディスラップの言葉が贔屓目なしにすーっと頭に入り、この瞬間だけは自然と揺れ動かされた。

さっきまでなんとも形容しがたいオーラが漂っていたのに、想いが一つにまとまったような感じ。

 

うーん、この事についてアレコレ考えて発言しても憶測でしかないからあえて伏せときますが、イベント中だけは何もかも忘れてパフォーマンスに集中してくれたら何よりなんだけど人間、時にはアガる気分になれない日もあるだろうから大目に見たい。

 

次回以降、言葉や態度に現さずとも伝わってきてしまう強張りが完全に消えてるか、最悪、薄まってさえくれたらいいなぁ。

 

 

重大で大切なお知らせ

事前に予告されていた「大事な発表」の内容をマジボ本人からの口から直接話すのではなく、映像を通じて報告してくれました。

 

散々焦らしまくった末に、「EBiDAN KiDSのジョー(安本丞)くん&ミロくんがDJとして新たに加入」することが決定。

来月6月26日の『渋谷でD.D.T.その(3)』から3MC&2DJ体制で活動するとのこと。

ミロくんを何かと某イベント会場で見かける頻度が高かった謎がようやく解決した。

 

イベント前に更新されていたメンバーのブログからして「解散」とか「脱退」するような文面じゃないことは悟ってたから、新メンバーの加入だろうなぁとは予想していたものの、一人じゃなく2人だったとは…。

 

今の3人マジボは完成形じゃない」っていう話をどっかで聞いた気がしたけど、結局また5人でフルメンバーの新々体制に戻って活動するのは面白くなりそうな予感。

 

 

特典会

終演後には特典会があり、参加者全員のハイタッチ会とクーポン券を持ってる人向けの「オリジナルカードのお渡し会」もありました。

ゲストで出演したJinmenusagiさんはピンクのウサギの手でハイタッチ。

f:id:horonnk:20160521204851j:plain

そしてお渡し会の時にはいろんな期待を込めサラッと、次回もまた楽しみにしてます!と伝えてみたら、向上心の塊でもあるリュウトくんが爛々とした顔で「お待ちしてます!!」と元気に返してくれたので大丈夫でしょう。そう思いたい。

 

 

 

 

 

 

【セットリスト(MAGiC BOYZ)】
1. マジボのテーマ(Beastie Boysリスペクトアレンジ)
2. MOTE☆MAGiC
3. Jump(アメリカの大先輩のカバー曲)
4. 俺ら東京さ行ぐだ吉幾三カバー/Beastie Boysリスペクトアレンジ)
5. オレでしょ??
6. ハミダス(仮)
7. ドンマイ~リュウスペシャル Remix~
8. illson feat.NIPPSオカモトレイジ(OKAMOTO'S) (Jinmenusagiコラボ)

 

□出演者全員とのハイタッチ会

 

□オリジナルカードお渡し会