読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【Plastic Tree】メジャーデビュー二十周年“樹念”春ツアー「念力発生」[川崎編](初日)

Plastic Tree ヴィジュアル系 イベント・ライブ

2017年3月9日(木) 川崎CLUB CITTA'
Plastic Treeメジャーデビュー二十周年“樹念”春ツアー「念力発生」
開場 18:00 / 開演 19:00

 

www.youtube.com

 

言いたいことはただ一つ、心の奥底から楽しめた。ということ。

そして、去年の今頃()のような自分はもうそこにはいなかった。

いたのは憂いなくアホみたいにアガってる自分だけ。

 

これは多分、リアル生活の環境変化が影響してると思うんだけど多少なりとも、プラとの電撃的な巡り合わせのおかげもあったと感じてる。

 

音源以上に「ライブ」という場で心を動かされた理由。

それが今回、ぼんやりとした輪郭だけがなんとなくみえてきた。

 

喜怒哀楽のすべてを包み込んでウマいこと変換してくれる何か。

雲をつかむようでハッキリとはしない。

でも身を預けてると気楽になれる。

そんな心地よさが変わらずあの空間にあって、今思うと、遠回りなんかしてないで最初っからプラに時間もお金も費やしておけば良かったなって(苦笑)

 

まぁどの道、結果論ではあるけれども、無駄にウダウダ長文を書きながら悩んでるくらいならその分、行動に移したほうがいいのは間違いじゃなかった。

 

 

と言った具合に溜め込んでた思考をこの機会に再三吐き出したところで、今夜は青のペンライト(念力発光器)()がいい仕事をしていたのが印象深い。

https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/17076382_619551424885301_524481481834233856_n.jpg

(引用:佐藤ケンケンのInstagram

 

長いことメジャー路線を駆け抜けていくとわりと保守的になってしまうバンドが多い中、こうして臆せず新しいことに挑戦していく姿勢は素晴らしい。

こういうところもプラに惹かれた理由の一つなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

最後におまけ。今回の戦利品。

f:id:horonnk:20170310005037j:plain

新グッズの「ポーチ」は汎用性が高い上に実用的で即決買い。

 

 

 

 

 

【セットリスト】
■本編
SE. Only Shallow(My Bloody Valentine
1. 1999
2. 輪舞
3. 讃美歌
4. 君はカナリヤ
5. 退屈マシン
6. みらいいろ(大サビの音階をアレンジ)
7. creep
8. 嬉々
9. メランコリック
10. 静かの海
10.5 静かの海(アキラさんに憑いた「初日の魔物」により再演)
11. 念力
12. hate red, dip it(loudest sound edition)
13. マイム
14. さびしんぼう

■アンコール1
1. アローンアゲイン、ワンダフルワールド
2. 春咲センチメンタル

■アンコール2
1. スラッシングパンプキン・デスマーチ