REAP // SOW

適当に音楽とエンタメを楽しんでます。

【ワンエン】ONE N' ONLY ~EBiSSH×SBC~ Zepp Tour 2018(東京編)

2018年10月14日(日) Zepp Tokyo
ONE N' ONLY ~EBiSSH×SBC~ Zepp Tour 2018

開場 15:00 / 開演 16:00

 

 

 

エビライ2018で初めて観て以来、見事にハマってしまったワンエン。

 

何が良いかって、とにかくここはシンプルにカッコいいんだよね。

楽曲はもちろんのこと、振付込みでのダンスパフォーマンスもそうだし、ボーカル担当のEIKU、TETTA、REIの3人が織りなす歌声は他にはない雰囲気が出てて自分好み。

特にEIKUの声質が意外とこの手の楽曲にマッチしてて何度も震えてた(鳥肌)

 

メインボーカルじゃないメンバーの歌やラップがちょいちょい聴けるのも良き。

 

基本ノリが良いから自然と体も動いて、終盤あたりは久々にアガったなぁ(笑)

元から贔屓にしてる【さとり少年団】もだけど、実は煽り上手だってことがわかった【EBiSSH】のライブも中々に楽しめる要素があることに気づいて新発見でした。

 

 

それぞれのステージが終わったあと、ワンエンパートが再び始まってすぐにかかった私的推し曲の"Sexy Beach Party Yes!!"は音響がしっかりした箱であればあの重低音パートは病みつきになりそう\(^o^)/

www.youtube.com

それからまだ正式に公開されてないっぽいけど、"Everything’s Changing"か"What About This?"(KOHKIが言うと「ワタナベです」に聞こえるw)のどっちかの楽曲がめちゃんこツボなメロディラインだったから、また聴くためにリリイベ行こうかなと計画中。

 

まぁどっちにしても今回のワンエンのデビューCDは買得だと思ってるからリリース日が待ち遠しい(´-`).oO

 

 

そんなわけで興味関心が続く限り、今後もワンエンを支持していきます!

 

例のEIKUによるREIへの下剋上()の行方も地味に気になる(笑)

 

 

 

 

www.youtube.com

今夜のライブ同様に、締めはやっぱりこの曲で。

 

 

 

 

 

 

f:id:horonnk:20181014215524j:plain